T7104 タッチパネル付き互換ディスプレイモニタ(抵抗膜方式)

T7104 タッチパネル付き互換ディスプレイモニタ(抵抗膜方式)の特徴 
1.タッチパネル部は、モニタ部から取外し可能です。
2.タッチパネル・コントローラ部は、装置間の制御コード,位置情報を含め、あらゆる装置に対応可能です
 
3.モニタ部は、弊社のX7000互換ディスプレイモニタを採用しており、 パソコン用モニタでは画像を表示できない
  特殊な映像に対応可能です
4.装置側の改造は不要です。
装 置   ディスプレイモニタ タッチパネル・コントローラ 
(株)日立製作所 M-308ATW
M-501AW
(株)日立製作所 DC3556
CRT  TPS IntelliTouch 3801
モニタ一体型
M-501A  東京電子工業(株) LCD1012XJ TFT 
M-511   シャープ(株) LL-10SAT
LL-10SC
TFT
(株)日立製作所 DC3555 CRT
三菱電機(株)  MAG-RIE  東洋通信機(株)  PM-98T  TFT      モニタ一体型   
芝浦メカトロニクス(株)   CDE-702  富士通(株)  FTE8050RP-003  PDP 
μ-Ash  (株)デジタル  FP570-TC11  TFT 
タッチパネル付きディスプレイモニタの問題点 
生産終了の製品は、3〜5年で保守部品の保有期間を終了、以降、メーカは修理を受付けてくれない。
  タッチパネル事業から撤退しているメーカが多く、製品仕様書が無い。(OEM製品が多い)
1995年以前の製品は、独自規格の製品が多く、映像規格,映像用コネクタは多種多様である。
  そのため、パソコン用モニタでは映像を表示できない。
現在は、パソコン用モニタが大半を占め、独自規格のモニタに対応した後継機種は販売されていない。
 ▼製品情報TOPへ